Colum西野弘の時々刻々

「自力本願」で行こう!2017年04月06日

桜も満開となり街には新入社員が闊歩する4月、多くの会社は新年度を迎えられたことと思います。

さて、私のコラムをお読みいただいている皆さまにお知らせがございます。

私は、去る3月16日の弊社株主総会におきまして約26年間務めて参りましたプロシードの社長を退任し、その責を長らく当社にて共に頑張ってきてくれた取締役の根本直樹氏に譲りました。
昨年は弊社の設立25周年に自身の還暦も重なる区切りの年となり、経営陣の若返りと自らの今後の人生を考えこの度退任を決断いたしました。
創業以来、弊社も私個人も本当に多くの方々に色々な形でご支援を頂き、今日まで社業を継続することができました。この場をお借りしお世話になった皆さまに改めて感謝申し上げます。

振り返りますと、会社が26年間存続できたのは、色々な場面での皆さまのご支援や一緒に働いてきた仲間たちの努力によるものですが、傍らでサポートしてくれた家族の存在もまた大きかったとつくづく感じております。
更に、大学での授業やNPO活動など本業以外にも様々な活動に取り組んできたことで、国内外の知人から多くの経験や知見を得られたことも私にとっては幸いなことでした。社業とはまた違う視点で諸先輩や後輩から多くの示唆に富む経験や知識を得たことが、経営が苦しい時代においても何とか事業を継続できたエネルギーの源であったと私自身は感じております。

社長退任に伴いこのコラムも今回が最終回となりますが、過去を振り返るのではなく、今後の日本にとって非常に大事と感じている「自力本願」というテーマについて最後に書き留めておきたいと思います。

最近「何かがおかしい」と感じる出来事が世の中で起こっているように思います。
単に、グローバル化やデジタルテクノロジーの台頭でAI、IoT、ロボット等により産業や社会が変わりつつあるということだけではなく、「日本はこんなだったかな??」と思う出来事が最近しばしばあると皆さまもお感じではないでしょうか。

私は学生時代に北欧の大学に留学したのをきっかけに、長らくスウェーデンなどの国々とのお付き合いが続いています。他国と日本を単純に比べる訳にはいきませんが、一人の人間の生き方として何が貴重でどのような事が幸せであるかは、国が違えども大きく変わるものではないと思います。
その北欧諸国が大事にしてるのが「自力本願」です。

日本でも「他力本願」型の生き方は限界を迎え、一人ひとりが社会の中でできる事を自らの意思で考え、実行することが求められていると感じます。日本が他力本願型の国であることは選挙の投票率を他国と比較してもわかりますが、自分の暮らしている国や町の選挙に行かず不平や不満を言っているだけでは未来はありません。
会社組織でも、社員が自らの仕事にどれだけコミットして日々働いているかが、その会社の事業成功の大きな要素であることは、皆さま承知のとおりです。

これからの数年間は歴史に残る大きな変化、進化が起こると思われ、その規模や影響は予想もできません。このような時代には「他力本願」ではなく「自力本願」であることが非常に大事で、私自身もこれからの人生をどのように「自力本願」で送るかを日々考えているところです。
個人的には、10年以上前から取り組んできた子供たちの「睡眠障がいに起因する発達障がい」というテーマに引き続き取組んでいきたいと考えています。現在多くの子供や若者がこのことで苦しみ悩んでおり、せっかくの貴重な人生の大きな障がいとなっています。今後はこの予防、治療活動を活発化させるべく準備を始めています。

皆さまも、まずは是非選挙に足を運び国民として国に対する「自力本願」を示して頂くとともに、個人としても「自力本願」型の生き方をより高め、未来に繋げて頂ければと思います。

これを私の最終回のコラムでのメッセージとさせていただきます。
「西野さんのコラムを楽しみにしている」という皆さまからのお声を力に、今日まで何とか書き続けることができました。
ご購読頂きました皆さまに改めて深く感謝いたしますとともに、創業以来、長きにわたるご厚情に心より厚く御礼申し上げます。

 

2017年4月吉日
西野 弘  拝

 

 

西野弘株式会社プロシード 取締役

平成3年 株式会社プロシードを設立。総務省次世代携帯ビジネスモデル研究会会員、沖縄県産業復興審議会委員、スウェーデン王国王立サムハル社会福祉事業団日本代表、2001年未来基金会長(ビルゲイツ印税基金)を務める。

プロフィール Profile

西野弘コラムのバックナンバー一覧

お電話でもお気軽にお問い合わせください
  • 株式会社プロシード 03-6212-2107
  • 受付時間 10:00~18:00(土日・祝日を除く)
  • Eメールからの お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る