プロシードの歩み History

1.マネジメント・コンサルとしての発展 ~ITサービスに向けた専門性と実践力~2006年11月10日

「IT」と「マネジメント」の融合がビジネスの成功において重要な鍵になるとプロシードは確信しています。それは90年代前半に欧米のグローバル企業とのつきあいの中で得たものですが、当時の日本ではまだそうした見方は一般的ではなく、マネジメント・システムの導入にお金を払う企業がいない時代が長く続きました。

そういった環境の中、PMI東京支部やitSMFの設立等を通じて考え方の普及に努め、同時に海外で十分に実践されその有効性を確認されたナレッジ(知識体系)やマネジメントツールのローカライズに携わって参りました。

2006年現在、プロシードはITサービスのマネジメントに関連するアセスメントやコンサルティング、人材育成を事業の主軸としており、多数の企業様が当社の提案する「マネジメント・システム」の導入に取り組んでくださっています。

このように設立から15年間を経て、当社を取り巻くビジネスの環境は大きく変化しました。今回は、比較的小規模ながら「マネジメント・コンサル」という事業基盤を築くことができた歴史と背景について、ご説明したいと思います。

ITサービスが必要とされる背景

「ITサービス」はすでに一般的になっていますが、それは技術の進化だけでもたらされたものではありません。 社会や時代が、ITを活用したさまざまなサービスを必要としていたのです。img_seed01_1.gif

ITサービスの意義とマネジメントの重要性

img_seed01_2.gifITサービスとは、一連の事業活動を支援するために、ITシステムを構築し提供されるサービスのことです。

その範囲は、ビジネスの意志決定、マーケティングから顧客サービスにまでおよび、利害関係者は多岐に渡ります。

ITサービス抜きにビジネス活動を行っていくことは考えられません。ただし、ITそのものはビジネスのインフラであり、その導入がビジネスの結果を生むわけではありません。ITとビジネスを結びつきから、結果へと狙い通りに結び付けていくには、そのプロセス全体のマネジメントが重要になります。

ITサービスの向上のためのナレッジとその実践

IT機器をそろえ、人がいれば、サービスが提供できると考えるのは間違いです。そこには、どのように提供していくのかという手順や仕組みなど、つまりプロセスが必要です。
そこで、「どのように、IT調達し、どのようにサービスをマネジメントしていくべきなのか」を実践的な知恵(ナレッジ)として提供することが、お客様の業績に貢献することだと、プロシードは考えています。

現在、さまざまなお客様に役に立つナレッジを集積し、その実践から、成果(パフォーマンス)と結果(アウトカム)を生み出す努力を続けています。

 

 当社がローカライズした知識体系やツール→COPC®規格、ITIL®、ISO/IEC 20000、PM、EVM

 

img_seed01_3.gif

西野弘株式会社プロシード 取締役

平成3年 株式会社プロシードを設立。総務省次世代携帯ビジネスモデル研究会会員、沖縄県産業復興審議会委員、スウェーデン王国王立サムハル社会福祉事業団日本代表、2001年未来基金会長(ビルゲイツ印税基金)を務める。

プロフィール Profile

プロシードの歩み

お電話でもお気軽にお問い合わせください
  • 株式会社プロシード 03-6212-2107
  • 受付時間 10:00~18:00(土日・祝日を除く)
  • Eメールからの お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る