あなたが「会社に期待したこと」

 2020.02.18  木村昌子

皆さんが会社採用に応募した時、就職を決めた時、その会社に期待したことはどんなことでしょうか?仕事内容、研修の有無、社内での風通しや人間関係、勤務体系や休暇の取りやすさ、勤務地等、様々な要素から判断したと思います。

では、就職した後、会社に期待したことはどんなことでしたか?実際に研修を受け、業務を行う中で、期待通りだったこと、期待とは違ったことはありましたか?
そしてマネジメント側に立った時、自分が「会社に期待したこと」を思い出すことや、期待したことは実施されていますか?

もし、早期離職、突発休、新人のパフォーマンスの不振、コミュニケーション不足による不協和音等などの問題がある際には、自分自身の経験という観点でセンター内の様々なプロセスを振り返ってみましょう。
エンプロイーエクスペリエンス(EX:従業員体験)を向上させるためには、CXと同じように、従業員と会社との接点の始点から終点までを洗い出し、各ポイントでの従業員の期待は何かを考え、その期待の実現度合いを確認、期待を実現できていないものに対する改善を実施することが重要です。
EXがよいものであれば、会社への貢献意欲やこの会社で働いていることへの充足感が高まり、結果として個々人がパフォーマンスを発揮しやすい状況が生まれます。
個々人のパフォーマンスの積み上げは、定着率や顧客満足度、売り上げ等、センターパフォーマンスに反映されます。

EX向上を行うにあたって、従業員の期待や現在の状況を把握するためには、ES調査も有効な手段です。また、EXの向上のヒントはこちらの研修でもご紹介しています。

New Call-to-action

RECENT POST「木村昌子」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
COPC CX規格 CSP版 リリース6.2 日本語版(2020年4月発行版)