五味 康一郎

Koichiro Gomi

2015年4月入社

2001年から2008年にかけてプロシードに属し、COPC認定リード監査員の一名として、COPC規格を活用しての研修、監査、コンサルティングを実施していました。その後、事業会社のカスタマーサービス部門での勤務を経て、

2015年プロシードに戻ってきました。

PROFILE

得意とする領域は?

クライアント企業の課題にあったCOPC規格の導入VMO組織による委託先管理

仕事に対するスタンス

COPCの導入は「型を覚える」ことと考えています。型を覚えた後はそれをあえて崩すことでより組織にあった運営としていくことができると思います。導入には、労力がかかりますが、属人的になっている運用ルールの可視化、その運用の徹底等、長く効果を発揮する成果が達成できると信じています。

得意とする領域は?

仕事のやりがい

クライアント企業が、パフォーマンス向上や、認証取得といった成果を達成されることが一番のやりがいです。

一緒に課題に取り組み、新たな気づきを得られることが毎日の糧です。

休日の過ごし方

体を動かすことが好きですが、最近は怠けがちです。

家族とともに釣りに行ったり、犬の散歩をしたりと比較的静かな趣味に変わってきました。年のせいでしょうか。

仕事のやりがい

皆さまへのメッセージ

問題がなくて当たり前、何かあると批判の対象となる、 会社のゴールキーパー、「縁の下の力持ち」のような部門である カスタマーセンターの活躍にスポットライトが当たるようにすることを ライフワークと考えています。

COPC規格もカスタマーエクスペリエンス規格となり、コールセンターのみではなく、顧客接点の業務をすべてスコープに含むものに進化しており、 この目標の実現に近づいたように感じています。

皆さまへのメッセージ