COPC Certification Program

COPC規格を用いて、組織の認証を取得することが可能です。
認証取得に功することは、国内外のセンター運営と比較してトップレベルを実現できていることの証となります。

COPC規格とは

自社のセンター運営がグローバル基準で優れていることの客観的な証明となります。グローバル基準は、顧客満足度、応対や処理の品質、コスト効率などのパフォーマンス達成レベルを満たすことと同時に、それを支える運営が体系的かつ持続性のあるモデルとして定着度によって定められています。

認証のフレームワークは、インバウンドコール、アウトバウンド、チャット、Webやモバイル、店舗、事務処理など、ビジネスの成功に欠かせなオムニチャネルに対応しています。

COPC規格とは

COPC認証のメリット

COPC®規格の認証組織は「当初どのような目的でCOPC認証取得を目指す事を決断したのか!?」その観点からCOPC認証のメリットを、ご紹介いたします。

  1. 組織変更の多い企業でも、成功事例やノウハウを確実にストックする仕組みが可能
  2. コストセンターからプロフィットセンターへ
  3. ミドルマネジメント層の人材育成
  4. コールセンターの統合化や標準化
  5. 販売貢献するコールセンターを構築可能
COPC認証のメリット

認証取得までのロードマップ

いかなる組織でも、認証取得までには、様々な労苦を乗り越えてきた道のりがあります。COPC®規格:認証取得までのロードマップ(道のり)における主要なフェーズ(区切り)、および各ステップ(段階)など、ロードマップの一般例をもとに、ご紹介いたします。

認証取得までのロードマップ

規格導入による効果

COPC®規格の要求項目に適合したアプローチ(仕組み、手順、プロセス)を構築し、パフォーマンス目標の達成を積み重ねることは、様々な効果を生みだします。パフォーマンス向上やプロセス改善の観点からCOPC®規格導入による効果について、ご紹介いたします。

 規格導入による効果