CX向上ワークショップ オンライン

概要

センターが目指す、よいCX(顧客体験)とは何か考察したうえで、事前に実施したミステリー調査の音声を客観的に評価し、CX向上に向けた改善策を検討するオンラインワークショップです。ミステリーコールにおける顧客体験の結果から、電話応対プロセスのあるべき姿と現状とのギャップを明らかにし、現状の強みと課題、課題解決の方向性を考察します。

オンライン開催ですので、職場からでも、ご自宅からでもご参加可能です。

Business graph with arrow showing profits and gains

CX向上ワークショップ オンライン3つの特徴

  1. 事前ヒアリングからワークショップまで、すべてリモート(オンライン)で完結します。

  2. 模擬音声ではなく、貴センターに架電したミステリーコールの実音声を用いたワークショップですので、センター課題にタイムリーに気づくことができます。

  3. 「会話のプロセスの適切さ」を重視した、当社オリジナルの評価シートを用いて、徹底的な顧客視点に基づく評価セッションを行います。評価シートは、今後の貴社の応対品質向上にご活用いただけます。

Businesswoman with financial symbols coming from her hand-1

こんな方にお勧めです

自社コンタクトセンターの応対品質およびCX向上をお考えのコンタクトセンター関係者。

 例)
 ・NPSCS調査実施後、次の改善の打ち手を検討中のCX推進部門の方

 ・自センターの応対品質を客観的に再確認したいセンター管理者の方

ワークショップ実施までの流れ

Asset 2-Aug-24-2020-08-17-08-10-AM

 

ワークショップ実施方法

Zoomを利用し、実施します。
※Zoomは無料のオンライン会議システムです。
 詳細はこちらをご確認ください。

1.ワークショップ開始1週間前、および前日にURLをお送りします。
URLをクリックし、ご参加ください。

2.ワークショップの進行
スライドを用いて講師が進行・解説いたします。
事前に発信したミステリーコールの音声を聴いて、参加型のセッションを行います。

3.研修時間
開催時間帯は、9:30~17:00までです。
お昼休憩は1時間、それ以外にも適宜、小休憩を入れながら進めます。

4.グループワークセッション
Zoomの機能を使用し、リモート環境下でグループワークセッションを行います。
適宜、講師が巡回いたしますが、必要に応じて「ヘルプ」で講師を呼び出し、質問をすることも可能です。

5.必須環境
カメラ、およびスピーカー使用可能な環境(イヤフォンマイク・インターカム可)

6.推奨環境
Windows 7、8または8.1、10
P1以降を搭載のWindows Vista
MacOS 10.7以降を搭載のMac OS X
推奨ブラウザ:Chrome
詳細はこちらをご参照ください。
※安定した通信環境にて、ご参加ください。
※音声ファイルやワークシートのダウンロードをしていただく場合がございますので、PCでのご受講を推奨いたします。
参加に当たっての注意事項

7.録音、録画は禁止とさせていただきます。
プラットフォームの問題があった場合は、音声接続のみで対応いたします。

ワークショップ実施後のロードマップ

ワークショップは、定期的なご利用をお勧めいたします。そのほか、センターの応対品質管理プロセスや、オペレーション全体の管理プロセスなど、課題に応じたサービスをご提案いたします。

Asset 5-4

 

 

お問い合わせはこちら

CCtalk register