採用(登用)最低条件

採用(登用)最低条件

採用基準ともいえる。オペレータの新人採用のみならず、SVやリーダ、モニタリング担当者への登用するための条件(登用条件)のこともさす。

活用のヒント

・登用の条件については注意して定める必要がある。特にオペレータからリーダやSVに登用する場合、仕事内容は大幅に変わることになり、人を管理することが求められるようになる。いくらスキルや知識が高く優秀で、毎日多くの対応が可能なオペレータだとしても、人を管理する能力がなければリーダやスーパバイザへ登用するべきではない。
・新人研修では補いきれないもの(資質、雇用条件、採用段階での最低限のスキル)を含めるべき。
・採用時の最低条件が明確ならないまま、採用プロセスを実施しないように注意が必要。
・採用条件、採用プロセスの結果について、その活動成果をレビューし、継続的改善を行うことが重要。

関連用語

お問い合わせ