回帰分析

回帰分析

結果となる数値と要因となる数値の相関関係を調べて、それぞれの影響度合いを明確にする統計手法のひとつ。

説明変数が1つの場合を単回帰分析、1つ以上の場合を重回帰分析という。
以下の式(回帰式)で表される。
単回帰:y=a+bx
重回帰:y=a+b1x1+b2x2+・・・・・+bnxn

活用のヒント

・複数の因子と結果との関係を分析したい場面は多々あるものの、仮説やサンプル設計・収集が十分に精査されない状態で分析しても良い結果は得られません。重回帰分析など、高度な統計分析を行いたい場合は、専門家に依頼した方が良いと思います。

・業務改善のために統計分析を緻密に追求することが必要な運営を求められているセンターは限られていると思います。そこまでしなくても問題が見えていることが多いためです。
・分析結果は、関係者が方法論も含めて理解できなければ効果は半減します。統計を活用する際は、関係者(意思決定者)が理解できないような方法論で、分析担当者の自己満足にならないよう注意が必要です。

関連用語

お問い合わせ