スタッフィング(Staffing)

Staffingスタッフィング

採用・研修期間を考慮し、将来の必要要員数を確保する一連の活動。この活動のインプットとなる予測量の精度は、スタッフィング予測精度と言う。

センターでは通常、業務量により必要人員数を求める。そのため将来の呼量を予測してその呼量に対して対応できるオペレータを配置しなければならない。
しかし仮に翌月、呼量が急に増えると予想された場合、すぐに人員を募集してデビューさせることはできない。どこのセンターでも採用から業務開始まで、ある一定の期間が必ず必要なため、その一定期間を考慮して業務量を予測するスタッフィングが必要となる。

活用のヒント

・スタッフィングを判断する予測には、離職予測やリーダー登用計画も含めたほうが、より計画的で活用度が高まります。加えて、スタッフィング計画は採用費と併せて、予算計画と密接に連動した方が良いです。
・中期予測よりも直近での予測精度の方が一般的には高いため、採用・新人研修のサイクルタイムを短縮する活動と連動することが重要です。

関連用語

お問い合わせ