リアルタイムマネジメント

リアルタイムマネジメント

リアルタイムマネジメントとは、業務量予測に対して呼量が著しく増減する場合や不測の事態、異常な状況が起きた場合におこなう再計画や当日の措置のこと。

リアルタイムマネジメントが求められる状況は以下の通り。
・シフト作成後、実稼働する前に呼量の大幅な増減が見込まれるとき(シフトの再作成が求められる)。
・当日に呼量の大幅な増減があるとき。
・通信やシステムの可用性低下、遅延または故障などの異常な状況があるとき。

活用のヒント

・業務量が予測より多い場合:他業務からの移動、残業の申し出 など
・業務量が予測より少ない場合:研修、延長ランチ、任意休、早退の申し出 など
・予測精度が悪い場合、高度なリアルタイムマネジメントが必要です。これは、フロア管理の工数増(=管理コストや負荷増)とも比例します。
・小規模プログラムではリアルタイムマネジメントの限界があるため、業務分配やマルチスキルによるプログラム統合などの中長期の取り組みも欠かせません。

関連用語

お問い合わせ