スキル検証

スキル検証

設定したスキルセットを理解し実行可能かどうかを判断するためのテスト。

またオペレーターだけでなく、リーダやSVを社内登用した際も同じように実務に就く前に検証を行うべき。

活用のヒント

・ペーパーテスト、ロールプレイング、モニタリング、観察、コンピューターベース、インタビュー(面談)等、検証手法の特徴をうまく組み合わせて実施した方が良いです。
・リーダーやSVは、様々なケースでの判断や実際の行動が問われるので、OJTでの検証が望ましいです。
・テストや評価という表現を利用すると受け入れられにくいので、別な表現にした方が良い場合があります(重要なのはスキルの弱点を持った人が間違った案内や無理して応対を行っているスタッフのフォローをしてあげること)
・キーボードスキルは放置されがち。実際の業務イメージと連携せずに、入力スピードのみを検証してしまうことがあります。実態に合ったマルチ業務のスピードを速めるトレーニングとした方が良いです。

関連用語

お問い合わせ