世界初!SMBC日興証券がCOPC CSP規格をリリース5.2で取得!

 2014.09.18  プロシードコンサルタント

平成26年 9月18日

報道関係各位

株式会社プロシード

SMBC日興証券株式会社

「COPC® CSP規格」認証を7年連続で取得

最新Release5.2版での認証は世界初

米COPC社(本社 フロリダ)は、SMBC日興証券株式会社(以下、SMBC日興証券)の東京と沖縄の2拠点のコンタクトセンターに対して、コンタクトセンター業務の国際的な品質保証規格「COPC® CSP規格」の最新版であるRelease5.2の認証を授与しました。Release5.2での認証は世界初です。また東京拠点にある金融商品のアフターフォローサービスを中心に行う「投信アシストセンター」において初めて「COPC® CSP規格」の認証となります。

SMBC日興証券は、2008年に受電業務の認証を東京、沖縄の国内3か所のコンタクトセンターで取得して以来、国内初の架電業務の認証や、世界初の受架電業務を統合した認証を取得してきました。

今回の認証取得は、新たに「投信アシストセンター」を審査対象に加え、かつ最新規格であるRelease5.2版での認証を取得となります。

SMBC日興証券では、市場環境の変化に迅速に対応しなければならない特徴がある中、受電業務、架電業務共に、継続的に高いパフォーマンスを維持できています。また今回の審査では、投信アシストセンターのように定期的な顧客との関係構築強化の取り組みにおいても、高い成果を導くことができたことを評価したものです。

以上

 

注 COPC® は、1996 年にマイクロソフト、インテル、デル、コンパック(現ヒューレット・パッカード)、アメリカン・エキスプレス、L.L.ビーンらが中心となり作成されました。規格を活用するユーザー自らが業務を改善し、成果をあげることをシステマティックに支援する「ユーザー主義」と「実証性」を兼ね備えているのが特徴です。2014年9月現在、国内における同規格認証取得社数は14社です。

日本では、COPC®規格監査実施機関である株式会社プロシード(代表取締役社長 西野弘)が、唯一活動を行っています。株式会社プロシードは、コールセンターマネジメント、ITサービスマネジメント、IT調達マネジメントの分野における、マネジメントフレームワークを用いた教育研修、導入コンサルティング、およびパフォーマンス改善コンサルティングを行っています。詳しくは、http://www.proseed.co.jp/をご覧ください。COPC® は、米COPC社(本社:フロリダ)の登録商標です。

 

参考)COPC® 認証 ステータス

規格名

COPC® CSP規格Release5.2

認証企業名

SMBC日興証券株式会社

ロケーション

東京、沖縄

認証範囲

東京コンタクトセンター
沖縄コンタクトセンター
投信アシストセンター

(インバウンド・コンタクト・センター、アウトバウンド・コンタクト・マネジメント)

認証日

2014年 8月

認証機関

COPC Inc. (米国COPC 社)

* CSP: Customer Service Provider の略。

 

◆SMBC日興証券について◆

SMBC日興証券株式会社

代表取締役社長 久保 哲也

東京都千代田区丸の内3-3-1

2009年 設立

【問い合わせ先】     広報部

電話:03-5566-9377

                     ホームページ:http://www.smbcnikko.co.jp

 

◆プロシードについて◆

株式会社プロシード(COPC 日本総代理店)

代表取締役社長 西野 弘

東京都港区芝大門2-16-1 芝大門MFビル2階

1991年 設立

【問い合わせ先】     営業部

電話:03-6212-2107(担当)石井

ホームページ:http://www.proseed.co.jp

※本プレスリリースの印刷をご希望の際は、以下の印刷用PDFファイルをご利用ください。

PDF_icon.png