COPC®リーンシックスシグマ

「イエローベルトコース」
「グリーン・ブラックベルトコース」

概要

イエローベルトとは:パフォーマンス改善プロジェクトチームの実行メンバーです。簡単なクイックヒットの課題であれば独力で解決できる能力を持ちます。

グリーンベルトとは:通常業務(トレーニングリーダー、QAリーダーなど)と兼務するプロジェクトチームのリーダーです。通常業務と兼務することが多いため、複数のプロジェクトの責任者となることはありません。

ブラックベルトとは:プロジェクト専任のプロジェクトマネージャです。「問題解決の専門家」として同時に複数のプロジェクトマネージャとなることが多いです。

イエローベルトコース:エントリーレベルの知識を身につけるオンサイト研修です。シックスシグマの方法論であるDMAICの概論を学ぶのと、コンタクトセンターで利用すべき統計の基礎知識や基本ツール(グラフ類)を学びその活用方法を理解することを成果とします。研修最終日に実施されるテストに合格すると「イエローベルト」が授与されます。

グリーンベルト・ブラックベルトコース:イエローベルトの保有者が、自らのコンタクトセンターで実際に課題となっており、改善することでの財務効果が見込まれる「プロジェクト」を特定するところからグリーンベルトの取得の活動が始まります。DMAICの方法論のうち、イエローベルト研修コースでは詳細に触れられていなかった「改善(I)フェイズ」と「管理(C)フェイズ」と、その場面で使用するツールを中心とした講義、および実際のプロジェクトのキックオフを兼ねたプロジェクト憲章の策定をまず3日間で実施します。その後は、シックスシグマコンサルタントによる定期的なサポ―トの元、3-6ヶ月でプロジェクトを成功に導くことが求められます。当初作成したプロジェクト憲章で掲げた財務効果の目標が達成できたことをもって、プロジェクトに貢献したコース参加者全員が「グリーンベルト」を取得します。さらにそのプロジェクトの責任者としてプロジェクト管理を行った参加者は、同時に「ブラックベルト」を取得することになります。

概要

特徴

製造業や一般的なビジネスプロセスを対象としたシックスシグマ研修は多くある中で、プロシードの提供する「COPCリーンシックスシグマ」は、コンタクトセンターのマネジメントに特化したものであることが大きな特徴であるといえます。補完関係にあるCOPC規格と合わせて学ぶごとで、指標の重要性や相互の関係性の理解を深めることができ、またパフォーマンスを改善していくときにどのような分析や改善策立案のプロセスが必要なのかを理解することで、実践可能な知識を身につけることができます。グリーンベルト取得の過程では、自組織が一番重要と考えている課題の改善に取り組み、パフォーマンス改善を実現することが体験できます。その成果を実現できたプロジェクトチームは移植可能なスキルを身につけ、その後、課題を自ら見つけ出し改善を図ることが可能な、パフォーマンス改善活動の中心メンバーとなることが期待できます。

コースメニュー

 

Asset 1@2x-6 Asset 9@2x-1

Asset 3@2x-9